専門分野

動物生態学

~テニュアトラック教員期間を振り返って~ OB・OGより

私は、かつてホスト部局である地球環境科学研究院にポスドクとして所属していた。そのため、既に人脈があり、テニュアトラック(TT)制度を最大限に活かすことができた。本TT制度の特徴のひとつは「半分独立、半分組織」であり、独自の研究ができる一方で、学生の教育も行える。当然、学生の教育は研究活動を通して行うことが可能であり、学生と共に調査を行うことで効率的にデータが得られた。ホスト部局のメンターは非常に協力的であり、多くの学生を指導させてくださると共に、指導方針についても貴重なご助言を頂いた。また、OJTプログラムでは世界の大学の大学院教育について調べ、どのように北大に活かせるかを他のTT教員と共にリサーチした。以上のように、自分の研究室を立ち上げる基礎固めと、グローバルな視点から組織、研究、教育を考える方法を学ぶことができた。これらの経験は本TT制度によるところが多く、今後の研究・教育活動に大きな糧となるに違いない。