若手研究者の活躍で 大学の持続的発展を実現

出村2

出村 誠
北海道大学人材育成本部
テニュアトラック 普及・定着事業推進室
先端生命科学研究院 研究院長

本学が社会的責任を認識しつつ、持続的な発展を遂げるためには、これからの大学運営において教員層の中でも最も若い人たちの活躍が不可欠です。国内外から優秀な若手研究者を集め、いちはやく採用して北大で活躍してもらうという流れをつくるために、テニュアトラック制度の全学的な普及・定着を推進しています。ノーベル賞受賞者の研究成果の多くは三十代に行った研究とされており、北大のテニュアトラック制度はまさにその年代において研究に集中できる環境を手厚い支援体制で整えています。また、テニュアトラック採用教員には自らの研究分野でトップに立つことだけでなく、大学全体を世界のトップに押し上げていく視点も望んでいます。そのためのリーダー育成支援にも力を入れており、海外の研究制度や将来の研究ターゲットは何かといったグローバルな課題について本学総長にプレゼンテーションする「総長提言」の機会を設けています。また、高校での授業や市民講座などのアウトリーチ活動でも活躍してもらっています。このような活動を通して、テニュアポストに移行した教員には、まず部局の中でリーダーとなり、将来は北大全体のマネジメントを担う人材に育ってもらいたいと期待しています。

現役のテニュアトラック教員は、テニュアトラック交流会という互いの研究に対して議論を重ねる場を独自に企画しています。ディスカッションの中で共同研究の芽を見つけて、分野横断型の共同研究も既に生まれています。このように、自分の専門分野に閉じこもらず積極的に他分野の研究者とつながり、協調しながらもリーダーシップを発揮できる人を求めています。ぜひ、自ら挑戦する熱いマインドを持った人と、これからの北海道大学を一緒につくっていきたいと望んでいます。