北海道大学 先端生命科学研究院上原研究室

Uehara Lab, Faculty of Advanced Life Science, Hokkaido University

It is a breathtaking experience to watch a cell dividing under a microscope. Precisely controlled cell division is an essential process of heredity, development and homeostasis. However, it is not known how a cell equally distributes its content, or generates force to divide itself. Using cutting-edge microscopes and cellular biological technics, we are trying to elucidate structure and function of cellular machineries that govern the elaborate regulation of cell division.

 

顕微鏡下で生きた細胞が自ら二つに分かれる様子には、生命のもつ力強さが明瞭に表れています。正確な細胞分裂は生命の維持や継承に欠かせませんが、細胞がどのようにその中身を等分するのか、またどのように自らを分裂する力を発揮するのかは明らかでありません。先端顕微鏡技術と様々な細胞操作実験を組み合わせることで、分裂を制御する「細胞装置」の造りと働きかたを調べ、細胞が正しく二つに分かれる仕組みの解明を目指します。

Research 研究内容 »


News & Topics

RSS Icon

【Preprint】MC1 吉澤くん、DC3矢口くんの論文をBioRxivに投稿しました。

一倍体細胞で特異的に起こる中心体喪失を解消する新しい手法を確立し、中心体喪失が一倍体細胞のゲノム不安定性の主要因であることを突き止めました。BioRxivの原稿はこちら


CENP-E光制御阻害剤が販売開始されました。

我々が最近開発したCENP-E光制御阻害剤が、フナコシ株式会社によって製品化、販売開始されました。WEB情報


Cenp-E光応答性阻害剤の開発に関する論文がJournal of the American Chemical Societyに受理されました(北大 電子研 玉置研究室との共同研究)

Cenp-E光応答性阻害剤の開発に関する論文がJournal of the American Chemical Societyに受理されました(北大 電子研 玉置研究室との共同研究で、上原はco-correspondin …