論文が出版されました

高度好塩好アルカリ性古細菌のClポンプ型ロドプシンについて、天然の古細菌脂質を使ってナノディスクを初めて作成し、その物性を分光学的に解析した研究が、Biophysical Journal誌から出版されました

タイトル:Spectroscopic Characterization of Halorhodopsin Reconstituted into Nanodisks Using Native Lipids

著者:Ayumi Yamamoto, Takashi Tsukamoto, Kenshiro Suzuki, Eri Hashimoto, Yoshihiro Kobashigawa, Kousuke Shibasaki, Takeshi Uchida, Fuyuhiko Inagaki, Makoto Demura, Koichiro Ishimori

雑誌名:Biophysical Journal 118, 1-18, 2020.

(北海道大学・石森研究室、熊本大学・小橋川先生との共同研究)

リスト