テニュアトラックOBの吉田紘行准教授がピタゴラスイッチに挑戦しました。(2018.6.11)

2018年6月11日に学部1年生向けに北海道大学理学部を紹介するScience Globe(物理学科)が開催されました。

その中で吉田紘行准教授と研究室の学生の皆さんが「物理学者が本気を出したピタゴラスイッチ」に挑戦しました。「超伝導/常電導転移」と「強磁性/常磁性転移」と「金属・絶縁体転移」の3つの相転移を 「本気で」組み込んだという驚きのピタゴラ装置の結末は、下記にてご覧ください。

いいね!Hokudai